カードローンには3種類ある。その違いを解説!

豆知識

生活するうえで、急にお金が必要になる経験は何度もありますよね。冠婚葬祭や教育関連、車のメンテナンスに入院など。

手持ちがない場合、頼れるのは家族や親戚ですが、どうしても身内に迷惑を掛けられない事情もあるかと思います。

そんなときに頼れるのはカードローンです。しかし利用した経験がない人にとっては、怖いイメージがあるはず。

そこでカードローンの仕組みや種類、それらの違いについて解説しますので参考にしてください。

カードローンには種類がある

まず一口にカードローンといっても、1種類だけではありません。カードローンには「消費者金融系・銀行系・信販系」の3種類があり、それらには違いがあるのです。

この種類の違いを理解すると、実際お金を借りるときに役立ちます。

消費者金融系

カードローンというと、一番に思い浮かぶのが「消費者金融系」でしょう。テレビのCMではタレントや芸人を起用して親しみやすいムードを出しています。(アイフルやプロミスなど)

消費者金融系とはいわゆる「サラ金」のことですが、サラ金という言葉にあまり良いイメージはありませんよね。

一昔前だと「サラ金地獄」というワードが認知されていたほど、「サラ金⇒怖い」という図式が成り立っていました。

サラ金とは「サラリーマン金融」の略です。サラリーマンを対象とした小口の金融業者のこと。

昔は消費者に対して大きな金利を負担させて、利息を儲けようとする悪徳業者が多くいました。

いろいろと社会問題にもなったので、当時を記憶している年代だと未だにサラ金は怖いという感情が強く残っているかもしれませんね。

しかし消費者を守るための法改正(貸金業法)が行われ、現在では高額な金利は禁止されています。

上限金利は利息制限法で定められた水準(貸付け額に応じて15~20%)となっています(利息制限法の上限金利を超える金利は、無効・行政処分の対象、出資法の上限金利を超える金利は、刑事罰の対象となります)。

引用元:貸金業法Q&A:金融庁

今はサラリーマンだけでなく、さまざまな人が利用するようになりました。そのような背景から、サラ金ではなく「消費者金融」という呼び名が一般化しています。

金利は銀行系に比べると高いですが、審査も比較的 緩いので、スピードを求める人が利用しやすい点がメリットだと言えるでしょう。

銀行系

銀行もカードローンを扱っています。銀行には豊富な資金があるので、低金利で貸付を行えるのです。

しかし低金利で貸すため、審査が厳しいのが特徴。

消費者金融はスピード融資を大きく宣伝していますが、銀行系だと審査に時間が掛かるため、早く現金が手元に欲しい人には向いていません。

さらに審査も厳しいとなると、初めてカードローンを利用する人にとっては敷居を高く感じるでしょう。

ただし、消費者金融には「貸金業法」という法律により、「年収の3分の1までしか貸してはいけない」という決まりがあります。

Q2-1. 総量規制とは何ですか?

A2-1. 借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた新しい規制です。具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできなくなる、という内容です。

引用元:貸金業法Q&A:金融庁

しかし銀行系だと年収にかかわらずその銀行が定める限度額まで借りることが可能なので、大きな金額を借りたいと感じている人にとってはメリットがあるのです。

(※「貸金業法」が適応される「貸金業者」は、お金を貸す業務を行う業者を指します。銀行は「貸金業者」ではないので、「貸金業法」が適応されないのです。)

そのため、借りようと思っている金額によっては、銀行系は金利も安いのおすすめだと言えますね。

信販系

信販系は銀行系と消費者金融系と違って、あまり世間に認知されていません。ということは、大きなメリットはないのかと言えばそうでもないのです。

信販系ですからクレジットカードの会社が行っているのですが、会社によって金利の差がかなりあるのが特徴。

審査も会社によって厳しいという評判もあれば、すぐに借りられたという意見もあります。

そのため、会社選びをしっかり見極めると、かなりお得に利用できる点がメリットとも言えるでしょう。

金利と審査の面で考えると、銀行系と消費者金融系の真ん中のポジションだと考えられます。今後カードローンを選ぶときの、選択肢のひとつとして覚えておくといいでしょう。

まとめ

カードローンといっても3種類あり、それぞれの違いを理解すると利用するときに役立ちます。

  • 消費者金融系は金利が高いけれど審査が緩い
  • 銀行系は金利が安いけれど審査が厳しい
  • 信販系は選ぶ会社によって審査も金利も大きく違う

お金を借りるのは良くないという風潮がありますが、生きていくためにはどうしても必要な状況もあるでしょう。

いざとなったら落ち着いてカードローンを利用できるように、知識を広めておくことも重要だと言えます。

タイトルとURLをコピーしました