出掛けるときに不安な場合は指差し確認がおすすめ

体と心

私は元々考え過ぎだったり敏感だったりして人との関係がうまく構築できないのですが、それが日常生活に支障を及ぼすときがあります。それはお出掛け時の不安。

玄関を出てしばらくすると、「鍵閉めたっけ?」「エアコン消したかな?」「電気つけっぱなしかも?」と、いくつもの不安が襲ってきて、途中で引き返すことが何度がありました。

さらに月に一回は県外の実家に長期間帰っているので、遠く離れた場所で一人暮らしのアパートが心配でドキドキしてくるほど。

調べたら「不安神経症」とか「強迫性障害」という言葉がヒットします。症状が少し当てはまるだけなので、私がこの障害を負っているとは思いませんが、しんどい気持ちはずっとありました。

もっと深く掘り下げると不安過ぎて眠れなくなることもしょっちゅうありますが、今回のお話は「お出掛け時の不安」。

私がこのときの不安を解消できた方法が、「指差し確認」なのです。

「指差し確認」のやり方

出掛ける前に電気を消してエアコンを止めます。そして声に出しながら「指差し」で確認するんです。

  • 窓の鍵が閉まっているのを指差して「よしっ」
  • 電気を消してスイッチを指差しして「よしっ」
  • エアコンが止まっているのを確認して指差しして「よしっ」
  • 最後に玄関の鍵を閉めて指差ししながら「よしっ」

これでOK。

指差し確認で不安を解消

長期間家を空けるときはガスの元栓を締めてブレーカーを落とすのですが、これらもしっかり指差し確認することで長期間の外出でも今のところ不安はありません。

指差しして確認するだけなので時間も掛からずおすすめ。この方法でずいぶん不安が減少しました。

私が不安なのは「確実に鍵を閉めた記憶がない」からなんですが、指差しすることで「指差しした記憶と共に鍵を閉めた記憶も刻まれる」のです。それが不安の解消に繋がるのでしょうね。

ただし、この方法でも気持ちが落ち着かない場合は、クリニックなどを受診したほうがいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました