ハーフスクワットで腰痛が改善した話。

体と心

私は30歳を過ぎたころから、腰痛に悩まされるようになりました。当時の仕事が腰痛になった原因でしょうね。

30歳の頃にしていた仕事は工場でのライン作業だったので、8時間、残業がある場合はそれ以上立ちっぱなし状態。

ヒドイと腰を曲げての作業ができなくなります。洗顔や家事さえ困難なときがありましたね。寝る前にシップを貼ってなんとか仕事をこなしていく日々。

立ち仕事でも腰痛になる

私は在宅でライターをやっていますが、在宅作業も腰痛になりそうなイメージがあると思います。しかし、立ったままの仕事でも腰痛になるのです。

ずっと同じ姿勢でい続けることが、腰に負担を掛けるのでしょう。

そのため、私はライターになる前から腰痛持ちでした。むしろライターになってからの方が症状はマシになったほど。

ライターといっても、家の中で別の作業をしたり気晴らしに散歩に行ったりできるので、ずっと立ちっぱなしの仕事より体も心も健全です。

しかしマシにはなりましたが、それでもたまに「ぐぉぉぉ~」と唸るほど痛くなり、身動きするのさえ困難なときがありました。

運動不足改善方法を模索していると

在宅ライターという仕事柄、運動不足を改善したいと思っており、室内で使える運動器具や簡単にできるエクササイズなどを探していました。

そんなときに見つけた方法が、「ハーフスクワット」です。

「ハーフスクワット」のやり方

「スクワット」は腰を深く落とすのでかなりしんどいですが、「ハーフスクワット」は浅く落とすだけなので体力があまりない人も無理なくできます。

実際、私は昔から体力がありませんが、「ハーフスクワット」なら実践可能です。(それでも回数が多いとしんどいですが……)

youtubeにハーフスクワットをしている動画がありましたのでご紹介します。

STEP ハーフスクワット

私はハーフスクワットに、自分なりのアレンジを加えています。それは「腕振り運動」です。

「腕振り運動」のやり方

腕振り運動とは、「スワイショウ」と呼ばれる気功法のこと。文字通り腕を振り続ける運動です。

とても簡単に実践できますし、健康効果も高いと言われています。さらにスピリチュアル業界では、「万病に効く!」というキャッチコピーがまことしやかに囁かれているほど。

万病までいくと眉唾ですが、腕を振り続けることで体が振動します。そうすると血行が促進されて健康になるとのことです。

腕振り運動もyoutubeに動画がありましたのでご覧ください。

腕を前後に振るだけで肩こり緩和☆腕振り運動

自分なりの運動を実践して腰痛改善

私は腕振り運動とハーフスクワットを混ぜたやり方を実践しています。

  1. 腕を振り下ろしながら腰を浅く落とす
  2. 腕を上げるタイミングで腰も元の位置に戻していく

この運動を家事の合間や仕事の途中の気晴らしとして実践していると、腰痛が改善してきました。

以前は寝ていても腰が痛くて寝返りも打てないときがあったのに、今ではそこまでヒドイ腰痛を感じません。

作業の合間に2分とか3分を一日に複数回しているだけなので、トータルの実践時間はおそらく20分もないでしょうね。

本格的な運動じゃなくてもしっかり効果を感じられるので、「継続は力なり」という言葉をひしひしと噛み締めています。

最初はただの運動不足解消法として実践していたので、腰痛改善の効果はとても嬉しかったです。

タイトルとURLをコピーしました