映画「キングダム」の感想/大沢たかおさんの二の腕が!

映画

映画「キングダム」を観てきました。相変わらず観てすぐに感想を書かないので忘れ気味です。なので記憶を奮い起こして感想を書いていきます。

ちなみに原作の漫画は未見。面白いと言われているのは知っていたので、機会があれば読んでみたいと思っている作品のひとつです。

それでは以下に感想を綴っています。ネタバレは、……多分してません。

映画「キングダム」の感想

私はあまり邦画を観ないのですが、原作が面白そうだと感じた場合は観ます。「翔んで埼玉」とかね。

キングダムは中国を舞台にした作品という点が、すごく惹かれました。「レッドクリフ」とか「始皇帝暗殺」とか大好きなので。

ちょっと微妙な気持ちになった……

予告編もダイナミックな雰囲気だったので、けっこう期待していたのですよ。ですがなんというか、「う~ん」という気持ちになりました。

そもそも私が若手俳優さんをほぼ知らないということも、そんな気持ちになった理由のひとつだと思います。

テレビを全く見ないので、主役の2人を知らなかったのですよ。なので私が反応したのは「大沢たかお」さんや「髙嶋政宏」さん、「加藤雅也」さんなどなど。

ストーリーは面白いと感じたのですが、信の過剰な演技に「……ちょっとうるさいな」と思ってしまいました。

なんだか田舎のヤンキーがずっと叫んでいるような感じに見えたのです。ただし、これは主役の方をどうこう言っているわけではありません。

多分、演出が好みではなかったのだと思います。

例えば、信が漂を亡くして嬴政の隠れ家にやってきた時、追っ手との派手なアクションシーンがあったのですが、説明しながら戦っていたのです。

あ、アクションシーンは迫力があって素晴らしかったと感じました。ただそこでなぜ説明しながら戦うのだろう、と。

物語の流れ上、視聴者に説明する部分はどうしても必要な時があります。しかし、このシーンでの説明は不要だったのでは? 説明されなくても分かりましたし。

せっかくのキレキレアクションをじっくり楽しみたいのに、「コイツの替え玉やって漂が死んだんだ。そしてお前が漂を~~~」という説明をされると、アクションに集中できません。

ところどころでお笑い要素もあったのですが、笑いの取り方が古いようにも見えました。

大沢たかおさんが素晴らしかった!

演出部分はあまり好きではなかったのですが、大沢たかおさん演じる王騎の存在感は凄まじく素晴らしかったです!

もう王騎を観れただけで満足できるほど。逆に言えば王騎が出ていなかったらもっと文句が出ていたでしょう(笑)。

ただ残念なのは王騎の出番が少なかった……。それでも少ない出番の中で、圧倒的な存在感を放っていた大沢たかおさんがすごい!

私がテレビを見ないため、大沢たかおさんが演じている姿を観るのも久しぶりなのですが、こんなに強い印象を抱かせる俳優さんだったんですね。

大沢たかおさんに嵌りそうな予感がします。

腹に一物ありそうな微笑に、あの「んふっ」という独特の笑い方は衝撃的なインパクトをもたらすでしょう。

それにあの二の腕! 大沢さんってあんなにマッチョだったんですね。ヨダレが出そうになりました(笑)。

ぶっ太い大根3本ぐらいの大きさがあったんじゃないでしょうかね。いや、ちょっと例えが変だ^^;

もう二の腕だけでもいいからずっと映してほしいとさえ願うほどです。王騎の登場シーンだけリピート再生して観続けたい♪

そんな王騎に、黙って付き従う騰役の要潤さんも素敵でした。

他のキャストでは、長澤まさみさんの強くて美しい楊端和も素晴らしく、アクションが初めてということですがカッコよかったです。

美少女の橋本環奈さんは、ずっと蓑虫のような格好をしていました。あの格好はなんだったのでしょうね。

あとがき

なんだか文句ばかり書いていたかと思えば大沢さんの二の腕について語るという、まとまりのない文章になりました。

好きな映画だと感想はけっこう出てくるのですが、好みではない作品の感想って難しいですね。

ま、いまいちでしたが、とにかく大沢たかおさんの王騎が観れただけで幸せな気持ちに浸れました。

タイトルとURLをコピーしました