怖いと恐いの使い方。意味合いが微妙に違う?

豆知識

「こわい」という漢字は「怖い」「恐い」があります。なんとなく「怖い」という字のほうをよく見かける気がしますが、この2つに違いはあるのでしょうか。

違いがあるなら使い方も変わってきますので、覚えておくと文章を書くときに役立ちますよね。そこで今回は、「怖い」と「恐い」の違いや使い方についてご紹介します。

怖いと恐いの違い

それでは「怖い」と「恐い」の違いを見ていきましょう。

同じ意味?

辞書で調べると、こわい【怖い/恐い】と出てきて同じ意味として扱われています。

こわ・い〔こはい〕【怖い/▽恐い】の意味
[形][文]こは・し[ク]《「強 (こわ) い」と同語源》

1 それに近づくと危害を加えられそうで不安である。自分にとってよくないことが起こりそうで、近づきたくない。「夜道が―・い」「地震が―・い」「―・いおやじ」

2 悪い結果がでるのではないかと不安で避けたい気持ちである。「かけ事は―・いからしない」「あとが―・い」

3 不思議な能力がありそうで、不気味である。「習慣とは―・いものだ」

引用元:goo国語辞書

意味は同じだと辞書でも明記されていますね。意味が同じなら違いはないのかと思いますが、「怖い」と「恐い」は常用漢字かそうでないかの違いがあるのです。

常用漢字とは?

「こわい」もそうですが、日本語には同じ読みの漢字がたくさんあります。そこでどの漢字を使えばいいのか混乱しないように、一般的に使用する漢字の目安が定められているのです。その漢字を「常用漢字」といいます。

「怖い」は常用漢字ですが、「恐い」はそうではありません。したがって、新聞や雑誌、正式な書類や教科書に載っている漢字は「怖い」になります。

ただし、常用漢字の使用が強制されているわけではありません。そのため、「恐い」と書いても問題はないのです。

小説だと、常用漢字では表現力に制限が掛かるため、あえて常用漢字ではない漢字や平仮名を使う場合もあります。

どちらの漢字を書けばいいのか迷ったら、常用漢字である「怖い」を使うと間違いはないでしょう。

怖いと恐いの使い方

「怖い」と「恐い」の意味は一緒で常用漢字かそうでないかの違いはあるものの、ではどういう使い方をすればいいのかが疑問ですよね。

そこでまた辞書で「怖い」を調べると、類義語で「恐ろしい(おそろしい)」という言葉が出てきました。

おそろし・い【恐ろしい】

1 危険を感じて、不安である。こわい。「―・い目にあう」「戦争になるのが―・い」「ほめるだけほめて後が―・い」
2 程度がはなはだしい。
(中略)
「恐ろしい」は、「怖い」に比べて、より客観的に対象の危険性を表す。

引用元:コトバンク

このように、「恐ろしい」の意味としては客観的な危険性を表しています。逆に「怖い」は主観的な恐怖感を示しているので、意味合いが微妙に違うのです。

そのため、「怖い」と「恐い」は客観的か主観的かで使い方を分けるほうが正しいのでしょう。

例えば、「休日のテーマパークは恐ろしいほど人がたくさんいる」だと、客観的に人混みの危険性を語っています。これを「休日のテーマパークは怖いほど人がたくさんいる」になると、主観的な気持ちが混じっていることに。

まとめ

こわいと読む漢字「怖い」は常用漢字として使われていますが、「恐い」はそうではない漢字になります。そのため、「怖い」を使う方が一般的です。

使い方としては、意味合いが主観的か客観的かで変わってきますので、使うときの状況で判断してください。

自分自身の恐怖だと「怖い」、冷静に判断できる危険の場合は「恐い」と使い分けましょう。

タイトルとURLをコピーしました