国立国会図書館デジタルコレクションってDLできるんだよ!

ガジェット

最近、個人的に感動したのが、「国立国会図書館デジタルコレクション」の書籍がPDFでダウンロードできたことです。

ライターをやっていると、書籍を参考にして記事を書く経験もあるかと思います。

図書館に行って調べるのも楽しいですが、気軽にダウンロードできる点と、PDFを見ながらライティングが可能な点に大きなメリットを感じました。

国立国会図書館デジタルコレクションとは?

国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で保存している資料を検索したり見たりできるサービスを提供しているサイトです。

その国立国会図書館とは、国立国会図書館法という法律によって設置された図書館のこと。日本国内の出版物を全て保存・収集しているというから驚き。

住所を調べて「永田町」って出たから、行ってみたいけど多分行くことなさそう……。(敷居が高いイメージ)

閲覧できる資料は限られている

国立国会図書館の資料は、全てインターネットで見れるわけではありません。著作権の問題もありますので、ネットで公開されているのは著作権保護期間が満了している資料に限られています。

日本での著作権の保護期間は,原則として著作者の死後70年(無名・変名・団体名義の場合は,公表後70年)となります。
引用元:著作権の保護期間の延長について|日本図書館協会

古い資料だと著作権者の確定が難しく、著作権を確認できていない資料については公開されていません。

そのため、閲覧やダウンロードができるのは著作権の保護期間が満了している資料のみです。ただし、著作権者が許可を出している資料はインターネットで公開されています。

資料のダウンロード方法

国立国会図書館デジタルコレクションのダウンロード方法はとても簡単です。気になった資料のページからダウンロードボタンをクリックするだけ。

ダウンロードせずに、資料ページのみでも閲覧可能です。

赤丸のアイコン「全コマダウンロード」をクリックしてしばらく待ちます。データ容量が多いと、ダウンロードの準備までに少し時間が必要です。といっても、ほんの数分程度。

もしくは、「印刷する」ボタンから「PDF作成」を選択してダウンロードする方法もあります。

ただし、こちらは「最大50コマ」までとなっていますので、コマ数が多いと少し手間が掛かりますね。

遠隔複写サービスが可能な資料

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料に関しては、国立国会図書館で「遠隔複写サービス」を受けられます。

遠隔複写サービスを受けるには、国立国会図書館の利用者登録が必要です。複写には費用が掛かりますが、どうしても閲覧したい場合は便利なサービスだと言えますね。

  • 枚数×単価(用紙サイズによって金額は変わる)
  • 発送事務手数料
  • 送料
  • 消費税(国外の場合は掛かりません)

全コマを一括DLできる資料の見方

国立国会図書館デジタルコレクションのサイトを見ていると、一括ダウンロードできる資料には【赤と青のマーク】が付いていました。

このマークがない資料は、全コマダウンロードはできないようです。ただし、前述したように「印刷」ボタンをクリックすることで、PDFに出力することは可能となっています。

【国会図書館/図書館送信限定】という黄色のアイコンは、図書館に行かないと見れませんね。

あとがき

国立国会図書館デジタルコレクションは古い資料を閲覧できるし、PDFでダウンロードも可能なサイトです。

また、ダウンロードしたPDFをタブレットに移動すると、パソコンがなくても見れます。

ライターとしてだけでなく、個人的にも楽しめそうなサイトだと感じました。昔の絵巻とか面白いですよ。

タイトルとURLをコピーしました