手作り化粧水を【ヒアルロン酸】でバージョンアップ!

買った物

以前、「化粧水は原価20円で作れるんだよ。」という記事を書きました。

その後、やっぱり市販品を使ったほうがいいのかも……という謎の焦りに包まれて、「ちふれ」の化粧水や乳液、美容液などを購入。

しかし結局、使い心地が気に入らなくて手作り化粧水に戻ってしまいました。こうやって部屋に不用品が増えていくのです。あ~、断捨離したい、でも もったいない~。

で、また手作り化粧水を使い始めたのですが、もう少し年齢的にも潤いが欲しいと思いましたので、「ヒアルロン酸の原液」を投入したというお話です。

バージョンアップした手作り化粧水

私が普段使っている化粧水の作り方は、こちらの記事に書いています。

化粧水は原価20円で作れるんだよ。
私はズボラです。美容にもあまり力を入れていません。洗顔後に何もつけないというような時期もありました。女性としてどうなのかしら、と思わないでもないですがズボラだからしょうがない。今回は、ズボラな私でもサクッと作れる、原価20円の化粧水を紹介しようというお話です。

ま、記事を読むまでもなく、作り方は【水道水とグリセリンと消毒用エタノール】を混ぜるだけなんですが。

ただ量はきちんと測ったほうがいいので、そこだけ面倒がらずにやることがポイント。なんとなく目分量で作ることもあるけど、やっぱりちゃんと測ろう、私。

そしてこの化粧水に、「ヒアルロン酸の原液」を2.3滴入れます。それだけでいつも使っている化粧水がバージョンアップ!

ヒアルロン酸の使用感

保湿がグリセリンだけというのも心許ないと思い、何かないかと探していたところ、「太陽のアロエ社」のヒアルロン酸を見つけたのです。

もっちり感を得られる

太陽のアロエ社のヒアルロン酸は10年以上前からアットコスメや手作り界隈で話題になっているので、知っている人も多いはず。

私は手作り好きなので、このヒアルロン酸も10年ぐらい前に使ったことがありました。

当時はいまいち使用感の違いが分からなかったのですが、年齢を経て使ってみると、もっちり感を得られたので妙齢女性にとてもオススメです。

ただし、もっちり感を得るためには塗るだけでなく、何度もパッティングすることが重要です。

シワに塗りこめるように、何度も何度も手のひらでパタパタしましょう。パタパタする前に手のひらで化粧水を温めると、浸透率が上がりますよ。

コスパがいい

ヒアルロン酸の原料って、けっこうお高いです。しかし「太陽のアロエ社」のヒアルロン酸は、10mlで500円というお手軽さ。

ヒアルロン酸の原料1gが1,000円とかすることを考えると、コスパいいですよね。

(私は単位とか数字が苦手なので、gとかmlが出てくると混乱します。物質によって変わりますが、水1gはだいたい1mlなので、単位が出てきたらこの数値を基準に考えています。)

購入したのは10mlの商品が2個セットになっているこちらです。

他にも4本セットとか80ml入りとか、1リットル入りなんていう商品まであります。みんな潤い欲しいんだね(しみじみ

髪にもオススメ

私は手作り化粧水をお風呂上り全身に振りかけているのですが、一番ヒアルロン酸の効果を感じたのは髪でした。

ドライヤーを使う前に髪の毛全体にスプレーしてから乾かすと、しっとりした仕上がりになるのです。

太陽のアロエ社の公式ページにも、「シャンプーに入れるとサラサラになる」と書かれているので、ヒアルロン酸は全身に使用できる万能の保湿剤なのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました