オリジナルタロットカード付きの書籍を購入。

占い

占いのライティング技術を深めるため、最近占い本をいくつか購入しました。趣味と実益を兼ねるってこういうことなんですね、楽しい♪

今回はオリジナルタロットカード付きの書籍を購入。タロットカードの購入は初めてではないので、いろいろと思い出して懐かしくなってきました。

タロットカード遍歴

私がタロットカードを初めて購入したのは、いまからおよそ20年ほど前のことです。

本屋さんでゴールドのケースに入ったゴールドのタロットカードに惹かれ、吸い込まれるように掴んでレジへ向かいました。

しかし説明を読んでもややこしい金ぴかのタロットカードはしばらく本棚にありましたが、そのうち手放すことに。

2度目に購入したのは、画家の天野喜孝さんが描かれた神秘的な「幸せをつかむタロット占い」です。今から10年ほど前のこと。こちらも同じように、しばらく眺めて手放しました。

今まで2度手にして何もしなかったのは、78枚の絵柄を覚える手間も、組み合わせによって変化する解釈を理解するのも難しいと感じたから。

つまり面倒だったのですね^^;

初心者向きのタロットカードを探すと

次こそはきちんと知識を深めたいと思ったので、初心者向きの書籍を探しました。

そこでamazonのレビューも好評だった、「はじめてのタロット占い―オリジナルタロットカード22枚付き」を発見。

オリジナルカードが22枚付きというところもポイントです。78枚ではなく22枚で占えるやり方は、簡単なので初心者にとって大きなメリットになります。

書籍の内容も分かりやすくて、あっという間に読めました。

直感力によって導き出す方法

私が一番惹かれたのは、インスピレーションの方法ですね。絵柄の意味はもちろんあるのですが、自分の直感力によって導き出す方法が物語調にすること。

4枚引いて起承転結の物語を作ることで、インスピレーションのレベルを上げるのです。

例えば、

  • 世界
  • 太陽
  • 女帝
  • 法王

このカードの順番を私なりに解釈して物語にすると、以下のようになります。

あるところに何不自由なく暮らしている若者がいました。しかし若者は親友に誘われて旅に出ることを決心します。旅先では、なんと生き別れた母親に出会うことが出来ました。さらに神に仕える人物から導かれることで、自分の人生の意味を見出したのです。

(かな~り適当に作りました^^;)

タロット占いは、カードからどれほどの意味を読み取れるかが鍵になります。そのためには、インスピレーションを上げることが非常に重要なのです。

愚者のカードが出れば、意味は「冒険心・未熟さ・自由な行動」などですが、自分の直感に従って「溢れるほどの可能性に満ちている」と読んでもいいのです。

そういったことが理解できたので、私にとってはとてもためになりました。

タイトルとURLをコピーしました