Webライターは誰でもなれるのか?

ライター

私がWebライターを始めて、もうかれこれ4年は経っていると思います。ただし、当初は副業でしたので、全く書いていない時期もあり、ライター業だけに絞ってからだとまだ1年ほどです。

そこで、誰でもWebライターになれるのか? という内容で記事を書いてみます。

誰でもなれるWebライター

まずWebライターは誰でもなれますし、未経験でも金額は少ないですが収入に結びつくでしょう。

今パソコンが使えて在宅で仕事をしたいと感じている人からしたら、Webライターほど入り口が広い職業はないと思います。

ただし、継続できるかどうかはまた別の問題です。

誰でもなれるけれど、続けられるのか、そしてどんな文章を書いていくのかというのも、その人の素養により変化します。

初心者はクラウドソーシングサイトから

まず初心者だとおすすめなのが、クラウドソーシングサイトでしょう。クラウドワークスとか、ランサーズとかですね。

クラウドソーシングサイトだと、未経験の方を募集しているライティング案件が山ほどあります。しかし経験がない場合、かなり低単価になります。

最初はあまり大きな金額には繋がりませんが、初心者向けの仕事だと細か過ぎるほどのマニュアルが完備されていますので、手を付けやすい環境にはなっています。

低単価の仕事でライティングの基礎を学び、評価を貰いながら、徐々に単価の高い仕事へ移行していく流れが一般的です。

文章力は、未経験向けだとあまりクオリティは求められないと感じるかもしれませんが、実はそうでもありません。

安価で高クオリティの記事を求めるクライアントが多くいて、低単価でライターを募集しているのです。そのため、未経験向けでもけっこう厳しいかもしれません。

Webライターはおいしい

文章力が身に付き、初心者でも最初から収入を得られるWebライターは、経験がなくても十分に務まる仕事だと感じます。

私自身の話だと、文字単価はあまり高くありません。

Webライター界隈では文字単価の話が注目されがちですが、自分に合った仕事を受けていたらあまり気にする必要もないと思います。

そんな状態の私でも1人で生活する程度の収入はありますので、やはりWebライターは自分的にはおいしい仕事です。

タイトルとURLをコピーしました