化粧水は原価20円で作れるんだよ。

体と心

私はズボラです。美容にもあまり力を入れていません。洗顔後に何もつけないというような時期もありました。

女性としてどうなのかしら、と思わないでもないですがズボラだからしょうがない。

しかしこれではいかーん! というよく分からない謎のやる気が襲ってきたので、今ではいろいろやっております。

今回はズボラな私でもサクッと作れる、原価20円の化粧水を紹介しようというお話です。

原価20円で作れる化粧水

使用する材料は以下の通り。

【材料】

  • 水道水:100ml
  • 消毒用エタノール:少々
  • グリセリン:5ml

作り方は、100均で購入したスプレー容器に材料を入れて混ぜるだけ。

※画像の容器は200mlです。使用する容器によって量を調節してください。

エタノールは雑菌を防ぐ意味で入れていますので、ほんの少ししか使いません。

手作り化粧水と聞くと敷居が高いイメージがありますが、実際はかなり簡単に作れます。

エタノールの意味

エタノールには無水と消毒用がありますが、無水エタノールを精製水で薄めているものが消毒用エタノールになります。薄いかそうでないかの違いです。

容器は使用する前に消毒用エタノールで消毒してくださいね。手作りは防腐剤が入っていないので、雑菌を防ぐためにも消毒は必須です。

消毒をきちんとする場合はガラスの容器を用意して熱湯で煮沸しますが、私は面倒なのでプラスチック容器に消毒用エタノールを少し入れてシャカシャカするだけで済ましています。

化粧水に使用する水

手作り化粧水だと、精製水(精製された不純物がない水)を使用するレシピが多いですが、精製水だとすぐ腐るので私は水道水を使用。

水道水といっても浄水器をつけている水なので、普通の水道水よりは不純物が入っていないと思います。

グリセリンの役割

ちなみにグリセリンは5mlと書いていますが、目分量です。濃度5%~10%を目安にしています。

つまり、

  • 水が90mlだとグリセリン10mlで濃度10%
  • 水が95mlだとグリセリン5mlで濃度は5%

上記のようになります。

保湿がほしいからといってグリセリンの量を増やすと、逆に乾燥してしまうので注意してください。

グリセリンは化粧品等の保湿剤としてよく使われていますが、濃度が高いとその吸水性の特徴から肌の水分を奪うからです。何事も適量が一番。

原価を計算すると約20円

原価を計算してみると、100ml約400円のグリセリンを使用した場合、一回に5ml程度だと約20円ですね。

水道水は金額を出すのは難しいし、消毒用エタノールはほんの少しなので、こちらも原価を出すのは厳しいかと思います。

グリセリンの原価のみで言えば、私が使う化粧水は材料費が20円で作れるということになります。

あとがき

お風呂上りは顔から体、髪の毛にまでバシャバシャ使います。

それでも100ml使い切るのにけっこう時間がかかるので、途中でやばそうだと感じたらまた新しく作り直しています。

原価も安いし簡単に作れるのでおすすめです。

 

まる
まる

【追記】今はヒアルロン酸を入れてるよ。

手作り化粧水を【ヒアルロン酸】でバージョンアップ!
手作り化粧水を使い始めたのですが、もう少し年齢的にも潤いが欲しいと思いましたので、「ヒアルロン酸の原液」を投入したというお話です。手作り化粧水に、「ヒアルロン酸の原液」を2.3滴入れます。それだけでいつも使っている化粧水がバージョンアップ!
タイトルとURLをコピーしました